二十四の瞳映画村 | 高松-小豆島ライン

二十四の瞳映画村

二十四の瞳映画村について
小豆島 1987年公開の映画「二十四の瞳」の小豆島ロケのオープンセットを活用した施設群です。
この映画村は、瀬戸内海を見渡す海岸沿い約1万平方メートルの敷地にあり、数々の名場面はここで撮影されました。
木造校舎、男先生の家、漁師の家、茶屋、土産物屋は大正・昭和初期の懐かしい時を感じさせます。
また、敷地内に併設されている壺井栄文学館では、生前壺井栄が愛用していた調度品や各作品の生原稿などを展示しており、映画館「松竹座」では、「二十四の瞳」が常時上映されています。
2006年にオープンした「キネマの庵」では、1950年代日本映画の黄金期の名作の数々を映像と写真で紹介したギャラリーや、アルマイトの食器が懐かしい給食セットが楽しめます。



二十四の瞳映画村のクチコミ情報

二十四の瞳映画村に関するクチコミ情報をご紹介します。


  • 坪井栄文学館
  • 坪井栄文学館 ・・・ 文学館には、坪井栄の代表作「二十四の瞳」の原稿や数々の初版本、愛用の品や、作家黒島伝治の書簡などが展示されています。 ・・・

  • 坪井栄文学館
  • 坪井栄文学館 ・・・ 文学館には、坪井栄の代表作「二十四の瞳」の原稿や数々の初版本、愛用の品や、作家黒島伝治の書簡などが展示されています。 ・・・